ICL会員の特典

ICL会員特典(2018

ICLの会員

メンバーのカテゴリー

ICL

正会員

ICL Society members

ICL

賛助会員

ICL

準会員

年会費(USD)

3000

1500

1000, 2000

600

ICL 代表役員会議

ある

ある

なし

なし

ICL/IPL Officers

 Eligibility

ある

ある

なし

なし

国際斜面災害研究計画・地球規模推進委員会

ある

ある

なし

なし

ICLIPL議決権

ある

ある

なし

なし

Landslides」誌の編集委員会に記載

ある

ある

なし

なし

Landslides」誌及びICL出版する本等の裏表紙裏側に掲載

ある

ある

ある

なし

ICL/ IPL会議への参加の旅費支援

ある

なし

なし

なし

IPL プロジェクト

Candidacy

ある

ある

なし

なし

World Centre of Excellence Candidacy (WCoE)

ある

ある

なし

なし

ICL/IPL Web Recognition

ある

ある

ある

ある

ICL / IPLビジネスミーティングへの参加

ある

ある

立会人

立会人

国際斜面災害研究シンポジウムへの参加・発表

ある

ある

ある

ある

斜面防災世界フォーラムへの参加費の割引

ある

ある

ある

ある

Landslides

IPL/WCoEの活動への投稿

ある

ある

なし

なし

Landslides誌のNews/

京都コミットメントへの投稿

ある

ある

ある

ある

Landslides」誌の印刷版

3

1

1-2

1

Landslides」誌オンライン

トークン

3

1

1-2

1

注意事項:

  1. 年会費は、世界各国の国民総所得(GNI)を基準として、高所得(5000, 3000USD), 中間所得(2000USD), 中低所得(1000USD), 低所得(500 USD)のいずれかである。
  2. ICLの先進国会員および賛助会員の年会費はICLのネジメントだけではなく、発展途上国会員にICL/ IPL会議への参加のための旅費支援に重要な貢献をしている。
  3. 3000USD、5000USDの年会費のカテゴリーに当たる加盟機関の役員はフルカラーの隔月国際学術誌「Landslides」の編集委員会(Editorial Board ―A4-A6 ページ)に毎号掲載されている。
  4. 賛助会員名はICL、IPL、ICL-JPウェブのサイドメニューに表示されている。なお、京都におけるICL事務局は、賛助会員の地すべり災害軽減活動を支援している。
  5. UNESCO, WMO, FAO, UNISDR, UNU, ICSU, WFEO, IUGS, IUGGというICL支援組織は国際斜面災害研究計画・地球規模推進委員会の議決権を有するメンバーである。
  6. 地すべり災害の理解と軽減を地球規模で推進するための京都 2020 コミットメントが京都に開催する第5回斜面防災世界フォーラムにおいて採用されるように検討されている。すべてのICL会員/賛助会員/関連機関は、京都2020コミットメントに署名する候補者である。
ICL会員特典(2018)はここからダウンロードしてください