第五回斜面防災世界フォーラム

第五回斜面防災世界フォーラム

ISDR-ICL仙台パートナーシップの推進と評価

-仙台防災枠組み2015-2030と持続可能な開発目標への自発的貢献-

この会議は、会議前年度に閣議にはかり、閣議口頭了解を得た会議として開催されます。 会議の開催にあたり、内閣総理大臣からのメッセージが取得されます。(2020年国際会議開催経費の日本学術会議への申請が採択された場合)

日時: 2020年11月2日~6日

場所: 国立京都国際会館, 京都市

(本会議場では、1997年12月には、COP3(地球温暖化防止京都会議)が開催され、京都議定書が採択された。また、1972年10月には地すべり学会創立10周年を記念して第一回国際地すべりシンポジウムが開催された。)

主催:

特定非営利活動法人国際斜面災害研究機構 (ICL)

日本学術会議 (SCJ) (国際会議開催支援金申請予定)

国連教育科学文化機関(UNESCO)

国連国際防災戦略事務局 (UNISDR)tbc

京都大学

日本地すべり学会 (JLS)tbc

地盤工学会(JGS)tbc

    日本自然災害学会tbc

後援プログラム、後援イニシアティブと後援機関 (すべて依頼中)

国際斜面災害研究計画 (IPL)-国連防災戦略推進のための国際斜面災害研究機構のプログラム

地すべり災害の理解と軽減を地球規模で推進するための国際防災戦略(ISDR) – 国際斜面災害研究機構(ICL) 仙台パートナーシップ2015 – 2025

ユネスコ・京大・ICL合同UNITWIN協力プログラム「社会と環境に資する地すべり及び水関連災害危険度管理」

ユネスコ国際地質科学ジオパーク計画(IGGP)

ユネスコ国際水文学計画(IHP)

国際科学会議/国際社会科学会議/国連防災戦略事務局合同「災害リスク総合研究プログラム」

国際深海科学掘削計画(IODP)

国連食糧農業機関(FAO)による「山地パートナーシップ」

国際地質科学連合 (IUGS)

国際測地学・地球物理学連合 (IUGG)

スポンサー

発展途上国からの参加者と若手研究者の旅費支援のためのスポンサーを募ります。これら発展途上国からの参加者への旅費支援は、都市域・農村域での開発や気候変動により増え続ける斜面災害にさらされている発展途上国での斜面災害軽減に寄与します。また、多種の基礎学問を総合したアプローチの必要な地すべり災害危険度軽減という分野に取り組む優秀な若手研究者の育成に役立ちます。

目的

国連国際防災戦略(ISDR)と国際斜面災害研究機構(ICL)が、地すべり災害リスクの理解と軽減を地球規模で推進するための仙台パートナーシップ2015-2025が、国連防災世界会議(2015年3月14-18日に仙台で開催)への自発的貢献として、2015年3月16日に採択された。このパートナーシップは、国連防災世界会議で採択された仙台防災枠組2015-2030の推進に資する活動である。国連機関、国際機関、国内機関など17機関(この文書末にリスト掲載)がこのパートナーシップに署名した。第五回斜面防災世界フォーラムは、その中間レビューを行い、これまでの進捗を評価するとともに、さらなる5年間の実施を強化・推進する策を検討するために日本で開催される。

 

成果

本フォーラムの成果の一つは、過去5年間の進捗における成功と失敗を検討する機会を設けること、および地すべり災害リスクの理解と軽減の地球規模での推進を強化することである。ISDR-ICL 仙台パートナーシップのパートナーの参画を更新することを含む。さらに地すべり災害危険度軽減のための社会的・財政的投資を伴う研究と人材育成の強化によりパートナーシップの目的達成に貢献し、かつ後半の5年間のパートナーシップの推進に役立つ特定の戦略、行動、イニシアティブが出現し得る。

 

可能な成果(検討中)

ISDR-ICL 仙台パートナーシップ2015-2025を推進し、その後もさらに地すべり災害リスク軽減を強化するための安定した地球規模の枠組みの構築が、WLF5を組織しているパートナーの間で検討中である。世界の地すべり関連機関による「京都2020コミットメント」の構想が、WLF5への参加者によって同意されれば、1997年の京都議定書が採択された第3回気候変動枠組条約締約国会議と1972年の世界で最初の国際地すべりシンポジウム開催の場となった国立京都国際会館において、この京都コミットメントが採択される。そのゼロ・ドラフト概要を下記に示す。

Outline-of-WLF5-2020-Kyoto2017.3.7.pdf